ホンダCB400F コストダウンのためのカラーって知ってた?

2009年6月28日 03:04 | コメント(0) | トラックバック(0)

それまでの不評だった CB350FOUR の後継機種として誕生したホンダドリーム CB400Fは、人気を博したモデルといえるでしょう。
当時、このクラスの国産車唯一の直列4気筒モデルであったCB350FOURは、当時の4気筒CBシリーズの末弟であり、シリーズトップモデルであるホンダドリームCB750FOURに乗ることを「ヘルメットを2つ被ってもらわないと・・・」と周囲に止められた創業社長の本田宗一郎が「ならば、俺にも乗れるのを作れ」と言う一言で計画されたともいわれています。
CB400Fは、当時流行し始めた集合マフラーと後退したステップを採用した軽快なカフェレーサースタイルを全体に取り入れ、一躍、人気モデルになりました。この際、CB350FOURの開発時に本田宗一郎から指摘されていた「エンジンの冷却フィンを増やすように」という指示を実現したといわれています。メタリック塗装に金属のエンブレムが一般的だった当時において、シンプルなソリッドカラーにステッカーのロゴは、非常に新鮮でしたが、同時にコレはコストダウンでもあったようです。集合マフラーも軽量化とコストダウンの為であったといわれいています。
発売後、「おぉ400。お前は風だ。」というカタログのキャッチコピーが暴走族による暴走行為を連想させるような文であると当時の警察から指摘され、後に「お前が好きだ。」

 

 矯正箸  海外旅行スーツケース
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

CB400F レストアして乗る
CB400Fは免許制度改正の為、408CCと398CCと2種類排気量のFourが...
CB400F 4in1マフラーが特徴
本田技研工業(株)から発売された4気筒エンジンに6速ミッションを装備したロングツ...
ホンダドリームスーパースポーツCB400F
ホンダドリームスーパースポーツCB400Fカフェレーサータイプのドレスアップをメ...
ホンダCB400F コストダウンのためのカラーって知ってた?
それまでの不評だった CB350FOUR の後継機種として誕生したホンダドリーム...
ホンダCB400Fはプレミア付き
1975年に行われた免許制度の改正によって教習所で取得できる中型二輪免許が400...
CB400F(ヨンフォア)の歴史
CB400F(ドリームシービー400フォア)は1974年12月3日に本田技研工業...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt3.dt10.net/mt-tb.cgi/395

コメントする

このサイトを購読する