ホンダドリームスーパースポーツCB400F

2009年6月28日 03:06 | コメント(0) | トラックバック(0)

ホンダドリームスーパースポーツCB400Fカフェレーサータイプのドレスアップをメーカーが行い、4in1の美しい集合マフラー、コンチハン、ロングタンク、バックステップと、マニアが手を入れるところがないぐらいにドレスアップされていましたね。今でもホンダ車にこのデザインは踏襲されていますよね!発売当時の価格は、32万7000円良く売れていましたよね。すごい人気だったような気がします。
暴走族にも多かったような気がします。実はこのバイク中型二輪免許制度の変更時期(1975年)にできたことで、400Fは排気量が408ccという中途半端な数字になっていたんですよね。後に免許制度にあわせて398ccのF-1が発売され、そちらの方が一般的になっていったのでしたっけ。
滑らかに回るエンジンはさすがに優等生ホンダエンジンで、当時のごつごつ無骨に回るエンジンとは一線を画していましたよね。
しかし、元々高回転で馬力を稼ぐタイプのエンジンで、低速で街乗りするのには不適当だったように思います。

 

 ハローキティグッズ  コラーゲンサプリ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

CB400F レストアして乗る
CB400Fは免許制度改正の為、408CCと398CCと2種類排気量のFourが...
CB400F 4in1マフラーが特徴
本田技研工業(株)から発売された4気筒エンジンに6速ミッションを装備したロングツ...
ホンダドリームスーパースポーツCB400F
ホンダドリームスーパースポーツCB400Fカフェレーサータイプのドレスアップをメ...
ホンダCB400F コストダウンのためのカラーって知ってた?
それまでの不評だった CB350FOUR の後継機種として誕生したホンダドリーム...
ホンダCB400Fはプレミア付き
1975年に行われた免許制度の改正によって教習所で取得できる中型二輪免許が400...
CB400F(ヨンフォア)の歴史
CB400F(ドリームシービー400フォア)は1974年12月3日に本田技研工業...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt3.dt10.net/mt-tb.cgi/396

コメントする

このサイトを購読する