CB400Fは免許制度改正の為、408CCと398CCと2種類排気量のFourが存在します。
普通2輪免許の方が408CCを間違えて購入しても、無免許になってしまうので、注意しなければならないですね。
408CCと398CCの見分け方は細かく言えば色々あるのですが、何ヶ所かの簡単な見分け方を掲載しておきます。
見分け方
● エンジンの排気量刻印。これではっきりしますよね。
● 書類のリッターを参照.。
● スイングアーム。(後輪を支えているフレーム)
● フレームの形状。
現存するFourのほどんどが輸出仕様のもだそうです。
1974年~1977年というに短い生産期間の為、現存する国内仕様が本当に少ないのが現状です。しかし、近年旧車ブームにより、その昔HONDAより世界へ旅立ったCB400F達が業者達の手により、世界で走り、そして20数年ぶりに彼等は日本に戻ってきています。輸出した国により、パーツの使用が少しずつ違うので注意知る必要があります。基本なポイントで気をつけたいのが、スピードメーターです。表示が【km】表示ではなく【マイル】表示の物があります。これは車検、登録出来ないので要注意して下さい。km仕様のスピードメーターを購入(国内メーカー絶版)付け替えをして登録しましょう。メーター等、部品の探し方は、大手のバイク業者や雑誌、オークション等で気長に探すしかないです。ただし、絶版していない部品を高値で販売等してる場合がありますので、まず近所の単車屋さんに聞いてみましょう!
ちゃんとレストアする事が出来る方なら、古いものでも、外国から戻ってきたものでも、十分楽しむことができると思います。
でも、できるだけ、しっかりした信用の出来る店を探した方がいいでしょうね。
やはり25年以上経っているバイク、選ぶだけでもある程度の知識が必要ですし、レストアがキチンできない人は無理かもしれませんネ。

このサイトを購読する